バイデン大統領の来日にジル夫人が同行していない?理由は?


アメリカのバイデン大統領が5月22日から24日まで来日しました。

大統領就任後ははじめての来日となり、天皇陛下との会談や岸田総理と裕子夫人との晩餐などが話題になっています。

岸田総理との夕食会では、日本側が夫妻で出席したにも関わらずバイデン大統領が奥様を連れていなかったことが気になりました。

今回の来日にファーストレディであるジル夫人は同行していません。

なぜバイデン大統領夫人は来日に同行しなかったのでしょうか?

理由を調査しました。


バイデン大統領が来日!

アメリカのバイデン大統領が2022年5月22日の夕方、就任後初めて来日しました。

5月24日まで日本に滞在する予定です。

滞在するホテルは「The Okura Tokyo(ホテルオークラ東京)」だと言われています。

1泊300万円の超高級スイートルームに宿泊しているのでは?と噂されています。

5月23日には港区の「八芳園」にて岸田文雄首相が夕食会にバイデン大統領を招待しています。

岸田総理の妻、裕子さんも着物でお出迎えしましたが、バイデン大統領は奥さまが同行していません。

今回の来日にジル夫人は同行しなかったのです。

日本側だけ夫婦で夕食に出席しておもてなししており、なんだかバランスが悪いなぁと感じました。

バイデン大統領の来日にジル夫人は同行しない理由は?

今回の来日にバイデン大統領の妻のジル夫人は同行していません。

日本に先立って訪問した韓国にも同行していませんでした。

なぜ同行しなかったのでしょうか?

同行しなかった理由ははっきり名言されていませんが、ふたつの理由が考えられます。

  1. 多国間の首脳会議などのために外国を訪問する場合はファーストレディは同行しないことが多い
  2. ジル夫人自身の仕事のため

来日の目的のひとつが米国、オーストラリア、インド、日本による4か国協議体「クアッド」への参加です。

これは多国間訪問に該当します。

また、ジル夫人はバイデン大統領が大統領に就任した後も教師の仕事を続けています。

ジル夫人はバージニア州の「ノーザン・ヴァージニア・コミュニティ・カレッジ」に勤務しています。

ジルさんは仕事を持つ初のファーストレディです。

自分の仕事があるので、アジア訪問の同行はできなかったという可能性が高いですね。

ファーストレディとしていろいろな働きを期待される立場ですが、自分のキャリアとも両立されているようです。

韓国のユンソギョル(尹錫悦)大統領のキムゴンヒ夫人も会社の社長です。

大統領夫人であっても夫のサポートに徹するのではなく、自分の仕事やキャリアを大切にする時代になってきたのですね。

バイデン大統領来日でジル夫人同行についてみんなの声

バイデン大統領の来日に奥さんが同行しなかったことをみんなはどう思っているのか紹介します。

来日前には皇后陛下が天皇陛下とともにバイデン大統領と会談する予定がありましたが、バイデン大統領が夫人を伴っていなかったために皇后陛下も出席しませんでした。

これは慣例のためですが、皇后陛下の体調を心配する人もいたようです。

大統領夫人も連れてきたほうがいいのではないか?という意見もありますね。

バイデン大統領の来日に夫人が同行していない理由まとめ

バイデン大統領の就任後の初来日に奥さんを同行していなかったので、なぜなのか気になって調べました。

ジル夫人が教員の仕事をしているため、スケジュール調整ができなかった可能性があります。

同行した方が良かったという厳しい意見もあるようですが、時代の変化というのはありかもしれませんね。

こちらの記事もよく読まれています
トレンド
はっちちゃんねる

コメント

タイトルとURLをコピーしました