達孝太の変化球の球種や最速は?小学校中学校とメジャーへの意気込みは?

達孝太の変化球の球種や最速は?小学校中学校とメジャーへの意気込みは?スポーツ
スポンサードリンク

高校野球の注目投手の1人、天理高校の達孝太くん。

長身から繰り出す剛球が強みです。

また長身でイケメンなため「奈良のダルビッシュ」と非常に人気のある高校球児です。

達孝太くんの変化球・球速、小中学校、メジャーへの意気込みをまとめました!

スポンサードリンク

達孝太の変化球の持ち球は?

変化球は、フォーク、スライダー、カーブを投げます。

フォークは、空振りを奪える決め球となりえます。

チェンジアップに近いフォークと、縦に落ちるフォークの2種類があり、それぞれ、投げ方を変えて使い分けているので、変化の違いに戸惑うバッターもいるかもしれません。

スライダーは鋭く打者の手元で変化し、カウントを取るのに使えます。

カーブは緩い変化をし、緩急をつけることができます。

それぞれの変化球を活かしながら、ストレートと変化球を投げ分けるのも強みの1つです。

達孝太の最高速度は?

球速の最速は148km/hで、2021年のセンバツ高校野球で記録しました。

150km/hに到達するのは、時間の問題といっていいでしょう。

球に伸びがあり、球速以上に早く感じます。

また、190㎝の長身から投げ下ろしているため、角度の付いた球を投げることができます。

バッターも軌道に慣れない段階では打ちにくいと思います。

スポンサードリンク

達孝太の小学校、中学校は?

達孝太くんの出身小学校は堺市立浜寺昭和小学校です。

達くんは4年生の時から高石スワーローズという軟式野球チームに入りました。

当時は、キャッチャーとしてプレーしています。

 

中学校は堺市立浜寺南中学校で、硬式野球チームの泉州阪堺ボーイズに所属していました。

それと同時に、ピッチャーをやるようになります。

3年生の春と夏に全国大会出場経験がありましたが、ストレートの最速が120km/h台で、チームでも2番手でした。

ちなみに小学校6年生の時には、既に身長が177cmあり、「小さい時は、出来るだけ眠る時間をとり、1日に12時間眠ったこともあった」そうです。

現在の身長はなんと193cmまで伸びています。

とっても高身長ですね!

達孝太のメジャーへの意気込みは?

達孝太くんは中学生時代からメジャーに憧れているそうです。

理由は2つあります。

 

1つ目は、ダルビッシュ有投手などのメジャーの選手に憧れていることです。

なお、現在は長身でフォームが似ていることから「奈良のダルビッシュ」あるいは「達(たつ)ビッシュ」と呼ばれています。

 

2つ目は、中学校の1年先輩の投手・結城海斗が中学卒業後にロイヤルズとマイナー契約を結んだ事で、身近な人がメジャーに挑戦したのは影響が大きくあることでしょう。

 

ただ、中学校時代にそこまで注目されていなかったこともあり、中学卒業時のメジャー挑戦はせず、天理高校に進みます。

中学校2年生の時に、甲子園の試合を見たのがきっかけで、自分もそこでプレーしたいと思うようになります。

高校では、1年生夏から公式戦に出場。

1年生秋の近畿大会・大阪桐蔭高校戦で初先発、明治神宮野球大会で全国デビューを飾っています。

その頃から、「メジャーリーグに挑戦したい」という希望を話しています。

 

また、2021春のセンバツでは3試合に先発しています。

前の試合で左脇腹を痛めた影響もあり、甲子園準決勝の東海大相模高校戦に登板しませんでした。

もし達くんが登板していたら結果が違っていたかもしれませんね。

「目標はメジャーリーガーなので1日でも長く野球をしたいという思いが強いというのもあった。

今だけを考えれば投げられないことはないが、無理して故障したくないので、監督と相談した上で登板回避を決めた」

ということです。

「高校時代に同期の投手が投げられなくなったのを目の当たりにし、自らもケガでプロ野球を引退したので、選手の状態については第一に考えている」という中村良二監督の理解があったとはいえ、自らの意思で登板を回避する高校生投手は、なかなかいないのではないでしょうか。

 

ちなみに、メジャーへは「高卒で挑戦したい」と書かれていた記事も出ていましたが、「日本プロ野球あるいは大学・社会人などを経てメジャーに挑戦する事も含めて考えている」そうです。

アジア系の高卒選手がメジャーリーグで活躍するケースはそこまで多くなく、大谷翔平(エンゼルス)でさえも日本球界を経てメジャーリーグに行っています。

日本プロ野球に行ってからメジャーの方が確実な気がします。

とは言え、本人が選択した道を応援したいですね。

スポンサードリンク

達孝太(天理高校)まとめ

達孝太の変化球・球速、小中学校、そして、メジャーへの意気込みを見ていきました。

2021夏の高校野球ではどんな成長した姿を見せるのか、そして、進路はどうなるか、今後も注目していきましょう。

 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました