THE Wオダウエダの優勝は忖度?やらせ?おもしろくないの声多数!


THE W2021が12月13日(月)に放送され、5代目女王は吉本興業のオダウエダに決定しました。

最終決戦の審査で7票中3票を獲得して優勝しました。

しかし、SNS上ではオダウエダの優勝に疑問を持つ声が大量にあがってきています。

審査員たちの審査結果と多くの視聴者が感じていたおもしろいと思うコンビは違っていたようなのです。

残念ながら「忖度?」、「やらせ?」や「オダウエダは面白くなかった」の意見が見受けられます。

結論を先に言っておくと、忖度やヤラセと言われる理由は

  • 視聴者人気はAマッソと天才ピアニストが二分していた
  • オダウエダのコントは癖が強かった
  • 審査員が少人数すぎた

どういうことなのか、順を追ってみていきましょう。


THE W2021オダウエダの優勝はなぜ?

THE Wの決勝戦で、オダウエダはAブロックの最後である5番目に登場しました。

「焼き鳥屋」のネタで独特の世界観のあるコントをやり切り、暫定1位だった紅しょうがを破って1位になります。

Bブロック1位のAマッソと2021年からの新ルール・国民投票枠で勝ち進んだ天才ピアニストの3組による最終決戦で戦いました。

Bブロックのトーナメントでは天才ピアニストとAマッソはかなりレベルが高く、どちらが1位になってもおかしくない展開でした。

Bブロック1位はAマッソでしたが、天才ピアニストもかなり爆笑を取っていましたので、やはり国民投票で復活しましたね。

対するAブロックも5組ともレベルが高かったのは事実ですが、オダウエダが紅しょうがに勝って1位になった時も若干視聴者はざわつきました。

確かに独特の世界観でオダウエダにしかできないネタだとは感じました。

審査員にはそのあたりが評価されたのでしょう。

 

最終決戦のネタ順はくじ引きの結果、

  1. Aマッソ
  2. 天才ピアニスト
  3. オダウエダ

とオダウエダは最後でした。

THE W2021の審査は忖度?やらせ?

最終決戦はAマッソと天才ピアニストが1本目同様に互角の戦いで、両者とも非常におもしろかったです。

審査員もかなり悩んでいた様子でしたし、視聴者の反応もAマッソ派と天才ピアニスト派と拮抗していました。

正直、3巡目となったオダウエダは先に出た2組ほど笑いを取れていなかったと感じました。

おじさんがカニのストーカーという超独特の世界観のコントでしたので。

 

視聴者の空気は完全にAマッソvs天才ピアニスト

審査待ちの間のSNS投稿も、どっちもレベル高かった!などもはや2者択一状態

オダウエダ推しの声はあまり多くなかったのが実情です。

 

が、蓋を開けてみれば審査員の投票ではAマッソ2票、天才ピアニスト2票、オダウエダ3票とオダウエダの優勝

大会サポーターの佐々木久美さん、フワちゃん、森田哲矢さん(さらば青春の光)もAマッソか天才ピアニストのどっち⁉という空気になっていたので、オダウエダが優勝した瞬間は一瞬、時が止まりました。

フワちゃんはAマッソと仲がいいのでめちゃくちゃ泣いていましたね。

 

優勝者の発表の直後に、審査員たちのコメントもないまま番組が終了してしまったこともあり、SNSでは議論が爆発します。

サポーターや視聴者の空気が完全にAマッソか天才ピアニストのどちらかだろうとなっていたため、オダウエダの優勝は「事務所(吉本興業)への忖度ではないか」や「ヤラセや出来レースではないか」との意見が大量に出てきたのです。

THE W2021のオダウエダ優勝へのSNSの反応

THE Wでのオダウエダの優勝が決定した直後からの視聴者の反応をご紹介します!

↑こちらの投稿のように、視聴者の意見はAマッソか天才ピアニストがおもしろかったというものでした。

審査員が忖度しているのではないか?と感じた人が多かったようです。

ただ、天才ピアニストも同じ吉本興業なので、吉本への忖度とはいえないかもしれません。

 

また番組のヤラせならば、Aマッソはビジュアル面でも人気があるのでAマッソを優勝させるはずだと言う意見もたくさん見かけます。

 

EXITの兼近さんがやらせ疑惑について、コメントしていておもしろいです。

7人という少人数の審査員で優勝者を決めるというシステムなので、どうしても審査員の好みが反映されてしまいます。

2票・2票・3票とかなり接戦でしたので、ヤラセや忖度というよりも少人数での審査ゆえの結果かなと思います。

最終決戦でも国民投票を導入するといいですよね!

THE W2021オダウエダにおもしろくないの声!

ここまでお伝えしてきたように、最終決戦ではAマッソと天才ピアニストのネタもかなりハイレベルでした。

どちらが優勝でもおかしくない最高のネタでしたし、ウケも良かったです。

残念ながらオダウエダのコントは他の2組ほどにはウケが良くなかったので、「つまらない」、「おもしろくない」といった辛辣なコメントが並びました

学芸会みたい」という声もいくつか見かけました。

 

オダウエダは独創性が豊かで、他の人には真似できない世界観を持っています。

そのため、ハマる人にはハマるけど万人受けするネタではなかったかもしれません。

お笑いってとても奥が深いですよね。

審査員の方々はプロなので、我々とは違った見方で採点しているのかもしれないですね。

THE W2021オダウエダの優勝は忖度・やらせ?まとめ

12月13日放送のTHE Wで5代目の女王になったオダウエダですが、優勝に疑問を持つ声や反対意見が多く寄せられました。

理由としては、

  • 視聴者人気はAマッソと天才ピアニストが二分していた
  • オダウエダのコントは癖が強い
  • 審査員が少人数すぎた

ことが原因かと思います。

こちらの記事もよく読まれています
テレビネタ
はっちちゃんねる

コメント

タイトルとURLをコピーしました