山手線止めてんだぞ!経緯は?賠償金いくら?非常停止ボタンを押した男が悪い!


山手線で財布を拾うために非常停止ボタンを押した乗客とJRの駅員さんとのやりとりをおさめた動画が話題になっています。

動画では終始、駅員が乗客の男に恫喝していて言葉遣いも乱暴です。

一見すると駅員側に非があるようにも見える動画ですが、これはほんの一部を切り取ったものです。

実際の経緯やこれほど駅員が怒った理由はなんだったのでしょうか?

乗客の男には損害賠償が請求されるとの見方もありますが、金額はどのくらいになるのでしょうか?

まとめました!


山手線止めてんだぞ!とJR職員が恫喝した経緯は?

7月4日の午後8時頃に山手線の渋谷駅で非常停止ボタンを押した乗客の男性とJRの駅員がもめていました。

その時のJR駅員と乗客のやり取りがTikTokで配信されると、瞬く間に拡散されました。

「取ってください」という乗客に対して、「山手線止めてんだぞ!」と激高する駅員さんの動画です。

なぜこのような事態になったのか簡潔に経緯をまとめると、

  • 乗客が現金4万円が入った財布を落とした
  • 駅員に取って欲しいと伝えた
  • 5分経っても取ってくれないために非常停止ボタンを押した
  • 山手線が止まって駅員ブチギレ

ということです。

動画や経緯をざっくり見ただけだと、かなり強い言葉で駅員さんが恫喝していてひどいなと感じた人も多いと思います。

しかし、このこれほど駅員さんが怒ったのには理由があったのです。

非常停止ボタンを押した人が100%悪い!

この駅員の恫喝動画を見ると、「なんだその態度は!」と何度も駅員さんが怒っています。

動画を撮る前に乗客が何か言ったのはないか?と思った人も多いですよね。

今回の乗客とJR駅員のやりとりの目撃者がいます。

4万円が入った財布を落とした男性は、駅員に落としたことを伝えます。

駅員は山手線は3分間隔のダイヤであり、すぐには対応できないと伝えます。

財布を落とした本人が何度も線路を覗いたり、線路に降りて財布を取ろうとしたため駅員に何度も注意されます。

5分ほど経って痺れをきらしたのか、乗客が駅員に向かって

  • 何やってんだよノロマ!
  • 早く取れよ!
  • そんなんだから給料安いんだろ!

などと罵り始めます。

そして、非常停止ボタンを押しました。

しかも、怒られてるさなかに動画まで撮っています。

これ、駅員さん悪いでしょうか?

経緯をすべて知った人からは「100%乗客の男が悪い」という意見が大半のようです。

確かに駅員さんもちょっと言いすぎてしまった部分はありますが、何度も線路に降りようとするなんて危ないですよね。

3分間隔で次々と電車学がくるので、合間に財布を拾うことも難しいです。

対応には時間がかかるのは当然です。

そして自身の不注意で山手線の他の乗客何万人もの人を足止めしたわけです。

この財布を落とした青年はことの重大さがまったくわかっていなかったようですね。

山手線を財布を落とした男は誰?

非常ボタンを押した男性が誰なのかは報道されていませんし、特定もされていません。

動画を投稿したTikTokアカウントもすでに削除してあります。

未成年の男性であるということだけ判明しています。

山手線を非常停止ボタンで停めた賠償金は?

財布を落とした男性は山手線を停めたことの重大さがわかっていなかったようですが、電車を止めると損害賠償を請求される可能性があります。

山手線という大都市の電車を止めてしまったので、損害賠償は数千万円~数億円にのぼるとも言われています。

4万円を拾うために、とんでもない賠償金を払う可能性もあるんです。

こちらの記事もよく読まれています
トレンド
はっちちゃんねる

コメント

タイトルとURLをコピーしました