ペルセウス流星群2021兵庫(神戸)ピーク時間と方角は?穴場の観測場所も!

ペルセウス流星群兵庫2021の方角、ピーク時間はイベント情報
スポンサードリンク

ペルセウス流星群は、毎年7月から8月に見られる星座です。

1月のしぶんぎ座、8月のペルセウス座、12月のふたご座とあわせて3大流星群とよばれています。

条件によっては、1時間に30~40個もの流星がみられるとてもすごい流星群です。

夏休みの課題やご家族でのレジャーもかねて、おでかけされてもよいですね。

 

今回は、ペルセウス座流星群を観測したいときの兵庫(神戸)でのピーク時間、方角とともに兵庫県内でのおすすめの観測スポットをご紹介していきますね!

スポンサードリンク

ペルセウス座流星群2021兵庫(神戸)のピーク時間は?

では2021年の兵庫(神戸)におけるペルセウス座流星群のみられるピーク期間と時間をみていきましょう。

    • 出現期間…7月17日~8月24日
    • 観測時間…日没後もしくは月がしずむ21時ごろ~翌朝明るくなり始める時間まで
    • ピーク時間…8月13日 午前4時ごろ(前後12日21時~13日夜明けまで良い時間)

出現期間はけっこう長いです。

しかも2021年のペルセウス座流星群は8年ぶりの好条件に恵まれた年といわれているので、さらに期待が高まります!

今年の好条件とは何かについても紹介しておきます。

 

【8年ぶりの好条件とは】

2021年ペルセウス座流星群がみれるこの年は、月齢が4にあたり、いわゆる三日月の形になっており、月あかりを気にせずに観測できる年といわれています。

 

もう少しわかりやすくいいますと…

 

月齢が新月(太陽と月が同じ方向を向いた瞬間の何もみえない状態のこと)を0としたとき、満月が15にあたります。「15夜お月様」とよばれるのもこのためなんですね。

 

月の満ち欠けでいいますと…

 

新月→上弦→満月→下弦→新月 の順番でめぐっています。

 

新月から満月の間の月を上弦の月、満月から新月の間の月を下弦の月とよばれます。

 

 

  • 上弦の月…昼頃に東の空にのぼり、真夜中に西の空にしずみます。(夜は月あかりなく暗い)
  • 下弦の月…真夜中に東の空にのぼり、昼頃に西の空にしずみます。(夜は月あかりで明るい)

 

とのことをふまえ今年をみてみると…

 

月齢4は真ん中より新月寄りで上弦の月だから、ペルセウス座流星群がみられる夜は月明かりに邪魔されません。

そのために2021年は好条件といわれているんです。

 

ちなみに去年2020年の月齢は23で下弦の月に当たっており、観察しやすい時間帯のほとんどに月明かりがある状態でした。

そのため、見えた流星群の数は例年に比べて少なかったんです。

 

ペルセウス座流星群2021兵庫(神戸)みえる方角は?

神戸方面から1番よくみえる方角どこなんでしょうか?

実は、ペルセウス座流星群は空の広い範囲に出現するため、放射点とよばれる1点から放射状にどの角度からでも見ることができます

だから全国各地どこからでもみることができるんですよ(^^)

 

空が360度大きく見渡せる開放的な場所が最適です。

例えば、山の頂上や海岸などですね。

レジャーシートに寝転がってゆっくり空に視線をやりながらながめると、たくさんの流星を見ることができるはずですよ!

スポンサードリンク

ペルセウス座流星群2021兵庫(神戸)穴場の観測場所

ペルセウス座流星群をみるときに最適な場所は空がよくみわたせる場所とお伝えしました。

では兵庫県内でながめの良い場所はどこかご紹介していきます。

 

六甲山天覧台(ろっこうさんてんらんだい)

「日本新三大夜景都市」の一つ。六甲ケーブル下駅からレトロモダンな列車にのって六甲山上駅へ。

すぐそばにある天覧台は、昭和天皇が立ち寄られたばしょでも有名な展望台。

大阪平野から和歌山方面を中心にした光の粒が圧倒的なスケールでせまってきます!

 

  • 住所:兵庫県神戸市灘区六甲山町1ヶ谷1-32
  • TEL:078-861-5288

 

摩耶山掬星台(まやさんきくせいだい)

「日本三大夜景都市」の一つでパノラマの眺望をもつ公園。夜間は蓄光材で舗装された遊歩道が光でうかびあがります!

 

  • 住所:兵庫県神戸市灘区摩耶山町2-2
  • TEL:078-861-2998

 

三田市野外活動センター(さんだしやがいかつどうせんたー)

森の中の木漏れ日、静かな山あいからの日ざし、小鳥のさえずりがきこえる空間。

夜には満点の星空がひろがります!

 

  • 住所:兵庫県三田市小柿949
  • TEL:079-569-0388

 

明石公園(あかしこうえん)

明石公園と明石城六甲山系の西端。

赤松山台地にのこる明石城跡を中心につくられた都市公園。

「さくらの名所100選」にもえらばれ、春には約1400本のさくらが咲き誇ります!

 

  • 住所:兵庫県明石市明石公園27-1
  • TEL:078-912-7600

西はりま天文台(にしはりまてんもんだい)

星や宇宙との親しみを深められる施設として30年前に誕生し、日本最大級の口径2mのなゆた望遠鏡がある公開天文台。

宿泊施設も完備され、夜にはまたたく星空をながめながらリフレッシュできます!

 

  • 住所:兵庫県佐用郡佐用町西河内407-2
  • TEL:0790-82-3886

 

以上、5カ所が兵庫県の中でもながめのいいおすすめ穴場スポットになります。

 

スポンサードリンク

ペルセウス座流星群2021年のまとめ

2021年のペルセウス座流星群を兵庫(神戸)でみたいとき…

  • ピーク日時:8月13日 午前4時ごろ
  • 適した方角:全国各地どこからでもみることができる

兵庫(神戸)のおすすめ観測スポットは

  • 六甲山天覧台
  • 摩耶山掬星台
  • 三田市野外活動センター
  • 明石公園
  • 西はりま天文台

をご紹介しました!

この5カ所以外にも兵庫県内はすこし奥地にいけば、自然が多く街灯が少ないよくみわたせる場所があちこちにあります。

1度下見がてらに散策してみるのもいいかもしれません。

今年はキレイな流星がたくさん見られるはずなので、楽しみですね。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました