安倍晋三元総理の銃撃時のSPは誰?ひとりで立ち向かった姿は賞賛が!


安倍晋三元総理が選挙の応援演説中に散弾銃で銃撃されるという衝撃の事件が起こりました。

SPや警察は何していた?という厳しい意見がある一方で、すぐに犯人を確保したことに賞賛の声を贈る人も出ています。

安倍晋三総理が襲われたときに、身辺警護していたSPは誰だったのでしょうか?

調査しました。


安倍晋三元総理の銃撃後に犯人に立ち向かうSPは誰?

安倍元総理が奈良市の駅前で演説中に銃撃されました。

SPや警察が警護していたはずですが、残念ながら安倍元総理に命中しています。

こちらは銃撃直後のものと思われます。

まだ銃をかまえる犯人に立ち向かうSPの姿があります。

こちらのSPが誰なのかは現在は判明しておりません。

このあと、犯人は身柄を確保されています。

情報を引き続き収集していきます。

安倍元総理が山上徹也に銃撃される

安倍晋三氏は奈良市の西大寺駅前で演説中に、背後から散弾銃で襲撃されました。

心肺停止との報道ですが、どうか回復されますことをお祈りいたします。

安倍元総理の銃撃時のSPへの世間の反応

こちらの記事もよく読まれています
トレンド
はっちちゃんねる

コメント

タイトルとURLをコピーしました