ペルセウス座流星群2021広島の方角とピーク時間は?穴場の観測場所も!


ペルセウス座流星群とは三大流星群のひとつで、毎年夏に観測できる流星群です。

なんと今年は月明かりの影響が少なく、8年ぶりに好条件で観測ができるとされています。

天気などがよければ1時間で80個もの流れ星を見ることができるかもしれません。

今回は、ペルセウス座流星群の2021年ピークの日程・時間、広島県内の穴場観測スポットをご紹介していきます!


ペルセウス座流星群2021広島の見える方角は?

実はペルセウス座流星群は、どの方角からも見ることは可能です。

放射点は北東の空とされていますが、全天にまんべんなく流れるのが特徴なのです。

出来るだけ空を広く見渡せる場所で観察するのがベストです。

1つだけ注意したいポイントは“月のある方向を正面にして観測しない”ということです。

月の明かりがあるとどうしても見える流星の数が減ってしまいます。

出来れば街灯がある場所も避けて、光の少ない場所での観察がおすすめです。

ペルセウス座流星群2021広島のピークの時間は?

ペルセウス座流星群の出現期間は、7月17日~8月24日です。

流星数が増えるのは8月中旬頃からで、最もピーク(極大)となる日時は8月13日午前3時~4時頃です。

8月12日21時頃に月が沈んで月明かりの影響がなくなり、そこから13日明け方にかけてピークを迎えます。

さらに2021年は月明かりの影響が少なく、8年ぶりの好条件となっています!

例年に比べて暗い場所では流星が多く見えることが予想できますよ。

観測する上でのポイントは、最低でも15分は観察するということです。

屋内から屋外に出たときには外の暗さに目が慣れていません。

15分程度夜空を見ていると徐々に目が暗さに慣れていきますので、流星群も見つけやすくなります。

とはいえ空を見上げ続けるのはなかなか大変だと思いますので、安全な場所にレジャーシートをしいて寝転びながらだと快適に観察できますね。

ペルセウス座流星群2021広島の穴場観測場所4つ!

広島は山間部が多く、流星群を観測するにはとてもおすすめです。

その中でも人気スポットから穴場スポットまで紹介していきます!

星降る展望台

広島県呉市にある展望台でかなり人気のスポットになります。

周りに灯りが少ないので絶好の条件で星空が見渡せます。

所在地:呉市川尻町野呂山
アクセス:広島呉道路(クレアライン)呉ICから約1時間
駐車場:あり(無料)
問い合わせ先:0823-70-5338

呉市かまがり天体観測館

県民の浜に立地する天文台で街灯りも少なく、流星群観測にはもってこいの人気スポットです。

所在地:広島県呉市蒲刈町大浦
アクセス:山陽自動車道西条ICより約70分
安芸灘大橋通行料 : 普通車700円、軽自動車550円
駐車場:あり(無料)
問い合わせ先:0823-66-0925

三原市宇根山天文台

付近は街灯りも少なく空気も澄んでいるので好条件で流星群が観測できる穴場スポットになります

。近くにキャンプ場もあるので泊りがけで流星群を見に行かれてみてはいかがでしょうか?

所在地:広島県三原市久井町吉田10370‐28
アクセス:山陽自動車道三原久井ICから約20分
駐車場:あり(無料)
問い合わせ先:0847-32-7145

星居山森林公園キャンプ場

こちらも空気は澄んでおり流星群の観測にはぴったりなキャンプ場になります。

帰りの時間を気にすることなく観測できるので、お子様の夏休みの思い出作りに最適です。

所在地:広島県神石郡神石高原町阿下
アクセス:福山東ICから車にて距離約50分
駐車場:あり(料金不明)
問い合わせ先:0847-85-3927

ペルセウス座流星群2021広島まとめ

2021年のペルセウス座流星群を広島で見るなら

  • 2021年8月12日21時~8月13日午前4時頃がピーク
  • 出来るだけ街灯りが少なく、空を広く見渡せる場所(放射点は北東)

レジャーシートをしいて寝転びながら観測することをおすすめします!

今年はお子様と一緒に、ご家族でぜひペルセウス座流星群を観察してみてはいかがでしょうか?

こちらの記事もよく読まれています
イベント情報
はっちちゃんねる

コメント

タイトルとURLをコピーしました