海の中道海浜公園の楽しみ方を紹介!入場料や駐車場も解説

海の中道海浜公園の楽しみ方!入園料、駐車場おでかけ
スポンサードリンク

福岡市東区にある「海の中道海浜公園」は、国営の広い公園で子どもと思いっきり遊ぶのにおススメの公園です。

海の中道海浜公園には子どもと何度も行っている私が、楽しみ方や入場料、おすすめの駐車場についてくわしくご紹介していきますね!

スポンサードリンク

海の中道海浜公園の入園料

海の中道海浜公園に初めて行ったときは「公園なのにお金がかかるの⁉」と驚いたのですが、国営公園なので安いです。

そして、「これでこの値段なら安すぎるくらいだ!」と思うほど、1日中遊びつくせる子連れの味方ともいえる公園なんです。

入場料

一般団体
大人(15歳以上)450円290円
シルバ(65歳以上)210円210円
中学生以下無料無料

 

2日間連続で入園するときは、「2日間通し券」がお得です♪

一般団体
大人(15歳以上)500円350円
シルバ(65歳以上)250円250円

一般の大人だと1日分の入園料にプラス50円するだけで2日間遊べるのはお得ですね!

海の中道海浜公園はとても広いので、2日間連続で行っても飽きることはありませんよ。

年間パスポート

年に何度も海の中道海浜公園に行く人は年間ポスポートがお得です。

大人(15歳以上)4,500円
シルバ(65歳以上)2100円

海の中道海浜公園の駐車場

海の中道海浜公園の駐車場は4か所あります。
公園内で遊ぶことが目的で来るならおすすめする駐車場は2か所です。

  • ワンダーワールド口駐車場
  • 西駐車場

この2か所は駐車台数も多く、公園から近いです。

駐車料金

1日に530円かかります。
パスポートを持っている人は提示すると430円に割引されるので、忘れずに提示しましょう。

スポンサードリンク

海の中道海浜公園内のおすすめスポット

広い公園内はいくつかのエリアに分かれていています。

  • 大芝生広場
  • 子供の広場
  • 動物の森

子どもと遊びにいくならこの3つのエリアに行くのがいいでしょう。

大芝生広場

その名の通り、広い芝生の広場です。
ボール遊びをしたり、ストライダーや自転車に乗ったりできるエリアです。

春にはたくさんの桜が咲くのでお花見を楽しむこともできます。
桜が咲いている範囲が広いのでそれほど混みあわず、お花見の穴場スポット!

桜の近くには「花の丘」があり、春にはネモフィラが一面に咲きます。
ネモフィラの青と桜のピンクのコントラストがなんとも美しいです。
季節ごとの花が楽しめる場所です。

ちなみに春は売店でネモフィラ味のソフトクリームが売ってます。
さわやかで、暖かい日にぴったり!すごくおいしいのでおすすめです。

大芝生広場では折り畳みテントがたくさん並んでいます。
ピクニックに最適な場所です。

大芝生広場のシンボルとなっている「スカイドルフィン」は、イルカの形をした超大型のアスレチックです。
長いローラーすべり台や大きなロープのつり橋でダイナミックに遊べます。

小さいローラーすべり台もあるので、未就園児くらいの小さな子でも楽しめますよ。

子供の広場

小学生以下の子どもたちに大人気のエリアが子供の広場です。
このエリアだけで1日中遊べます♪

ふわんポリン

雲のような形をした大きなトランポリンです。

大きい方と小さい方があり、小さい方は6歳以下の子が対象、大きい方はそれ以上の子が対象です。

2つに分かれているので、大きな子は小さい子を気にせずダイナミックに飛んだり跳ねたりできますし、よちよち歩きの小さい子も突き飛ばされる心配が少ないのがいいですね。

うちの子もこれが大好きです♪

ローラーすべり台

長いローラーすべり台が3本並んでいます。
起伏やカーブがそれぞれ違っています。

3本あるので、飽きずに何度もすべれます。
ただし、すべるためには長い階段をのぼる必要があるので、何度もすべっていると疲れます(笑)

ちびっこ広場

ここだけでひとつの公園のようなエリア。
特にマウンテンパークという大玉転がしみたいなやつが人気です。

大玉は争奪戦!
小さい子はなかなか取れないけど、ちゃんと貸してくれる優しい子が多いのがうれしいです。

大きなシーソーがあるんですが、それがけっこう怖くて楽しいです~。
大きいので大人と子どもがいっしょに乗って遊ぶのがおすすめです。

ほかにすべり台、汽車の遊具、などもありますよ。

ちびっこすくすくスペース

子供の広場にある管理棟の中にあるスペースです。
3歳以下の小さな子どもが対象です。

赤ちゃん用のおもちゃや迷路があります。
下の子が赤ちゃんのころはすごくありがたいと感じたスペースです。

管理棟の中には広い授乳室もおむつ替え台もありますよ!

動物の森

子供の広場からバラ園を抜けていくと動物の森があります。
猛獣などはいませんが、けっこうたくさんの種類の動物がいます。

動物たちと、とても近い距離で接することができます。

インコやオウムは小屋には入っておらず、木に止まっていたり、リスざるは金網ごしにすぐ近くまで来てくれます。

モルモット、カメ、ヤギは直接触ることができますし、整理券をもらえばポニーに乗ることもできます。

ほかにもプレーリードッグ、カピバラ、フクロウなど30種類以上の動物を見ることができます。

園内の移動に自転車と園内バス

海の中道海浜公園はものすごく広いです。
全部を歩いて回ろうとすると、時間がかかります。

園内には園内バスが循環してるので、目的地まで乗るものありです。

貸自転車は公園内でもとっても人気で、土日祝にはすべて貸し出し中になってしまうことが多いです。

移動手段として利用する以外に、親子でサイクリングを楽しんだり自転車の練習をすることもできます。

園内バス

海の中道海浜公園内には9つのバス停があり、バスが巡回しています。

園内バスのバス停

西サイクリングセンター
水辺のトリム
海の中道口
ワンダーワールド
サンシャイン前
動物の森(東門)
動物の森(正門)
森の家
大芝生広場

繁忙期は以下の6つのバス停のみの巡回になります。

水辺のトリム
海の中道口
ワンダーワールド
サンシャイン前
動物の森(東門)
花時計前

 

園内バスの料金

1日フリーパス券 500円(3歳以上は一律)

1乗車ごと 200円(3歳以上は一律)

貸自転車

海の中道海浜公園では、園内に4か所あるサイクリングセンターで自転車を借りることができます。
指定されたサイクリングコースを走るようにしてください。

移動に使う場合、自転車を止める場所はサイクリングポケットという駐輪スペースに止めます。

利用料金

1日券3時間券超過料金
大人(15歳以上)700円500円100円
子供(中学生以下)400円300円50円
電動アシストつき1,000円(500円)+補償金1000円
スポンサードリンク

海の中道海浜公園まとめ

海の中道海浜公園は、季節の草花を楽しんだり、思いっきり体を動かしたり、動物と触れ合ったり、ひとつの施設でいろいろな体験ができる場所です。

よくイベントも開催されています。

ゴールデンウィーク、夏休みは特に混みあって駐車場に待ちがでることもあります。
1日中遊べて、子どもが喜ぶ要素が盛りだくさんです!

お子さんとのおでかけの参考になれば、うれしいです^^

スポンサードリンク
こちらの記事もよく読まれています
おでかけ
はっちちゃんねる

コメント

タイトルとURLをコピーしました