大濠公園の遊具はどんなのがある?赤ちゃんにもおすすめ!駐車場情報も

大濠公園の遊具は?駐車場、アクセスこどもとおでかけ
スポンサードリンク

福岡市中央区にある大濠公園の中には、くじら公園とどんぐり公園というふたつの児童公園があります。
それぞれ違う遊具が設置されていて、対象年齢も違っています。

やっと歩きだしたような小さな子供が遊ぶことができる遊具もあるので、娘が小さいころから通っている大好きな公園のひとつです!

大濠公園といえば、福岡の観光名所としても有名ですね。

どんな公園で、遊具はどんなものがあるのかをママ目線でご紹介します(^^)

スポンサードリンク

大濠公園の遊具

大濠公園は広い県営公園で、中にふたつの児童公園と美術館、能楽堂、レストラン、ボート乗り場、カフェなどがあります。

くじら公園は、広くて大型の遊具があり、幼稚園くらいから小学校高学年くらいまでの子供が楽しめる公園です。

どんぐり公園は、池に面した小型の遊具がいくつか置いてある公園で、よちよち歩きの子から幼稚園くらいの子供が遊べる公園となっています。

どんぐり公園(西側児童遊園)の遊具

小さい子供を対象にした公園で、主な遊具は大型の複合すべり台、イス型スイング、小さいすべり台、砂場です。

とくに子供が好きなのはイス型のスイングです(^^)
体がすっぽり入るので、小さな子でも落ちる心配なく遊べます。

これだと、まだ歩けない赤ちゃんでもスイングが楽しめるんですよ~。
うちの子は2歳くらいから思いっきり強く漕いでも大丈夫でした!

ただイス型のスイングは2つしかないので、とても人気で並んでいることも多いです。
順番に待って使うことを学ぶチャンスだと思って、いつも並んでます^^

 

入り口の近くには、小さいすべり台があり、こちらも1歳台の子たちに人気です!

ただこのすべり台は夏場にすべる部分がすごく熱くなってしまいます。
夏場に裸足ですべって、足の裏が熱くて大泣きしている子を見たことがありますのでご注意ください!

 

砂場はどんぐり公園内に二か所あります。
どちらも猫除けの柵が設けられています。

砂場には自由に使えるスコップやバケツが置いてあるので、持参する必要がないのがうれしいポイントです♪

どんぐり公園の中には水道が2か所あるので、私たちはいつもバケツやジョーロに水を汲んできて、砂場で泥団子作りを楽しんでます(^O^)/

 

一番奥の池の前には、幼稚園くらいの少し大きな子供に人気の大型の遊具があります。
大型ですが、すべり台はそれほど急ではないので小さい子も楽しめます。

すべり台はぐるぐると回転しながらすべるもの、まっすぐなものの2種類ついています。
よちよち歩きの子たちは、つり橋を渡るのが難しいようですが足腰が鍛えられそうです^^

 

どんぐり公園は木陰が多く、ベンチやテーブルも置いてあるのでお弁当を食べている人もたくさんいます(^^)

でも、机やイスに食べ物を置いたまま遊ぶとカラスに食べ物を取られることがあるので、くれぐれも注意してください!

カラスは隠していても見つけます。
手にもって置くのが安心です。

目の前で大きな食パンを袋ごと持っていかれたのを目撃したことがあります( ;∀;)

 

どんぐり公園は、秋になるとどんぐりがたくさん落ちています。
どんぐり公園の名前の由来です^^

くじら公園(東側児童遊園)の遊具

くじら公園は小学生くらいの子を対象とした公園です。

大きなアスレチックは、どんぐり公園のものよりも難易度が高いです。
5,6歳くらいの子ならおとなの手助けなしでも大丈夫だと思います(^^)

 

くじら公園の真ん中には、くじらが口を開けたような大きなすべり台があります。
階段はなく、クライミングで登る必要があります。
小学生はダイナミックにすべり台のほうから駆け上がって登っています^^

スイングは2か所にあり、全部で12個もあります。

砂場のほうにもアスレチックがあります。
こちらはタコの体を模した遊具のようです^^

休日はとっても人が多いです!
平日の午前中ならそれほど混みあいません。

大濠公園のボート乗り場

大濠公園ではレンタルボートがあり、池をボートで散策することができます。
冬の間は休業していますが、夏休みのシーズンには長蛇の列になることも!

ボートには、手こぎボート、白鳥(足こぎ)ボート、あめんぼボートがあります。
あめんぼボートは自転車に板がついたようなボートで、2014年から登場しました。

スポンサードリンク

大濠公園はお花見にもおすすめ

春になると桜がきれいに咲いて花見客がたくさん来ます。
桜はすぐお隣にある舞鶴公園が有名ですが、大濠公園で桜を楽しむこともできます。

どんぐり公園のそばにも桜の木がありますよ。
そこは人混みがあまりできないので、穴場です~(^^)

大濠公園のアクセスと駐車場

大濠公園は福岡市中央区にあります。
地下鉄の駅から近く、バス停もすぐ近くなので利便性がいいです。

アクセス

地下鉄唐人町駅か大濠公園駅から徒歩7分。
くじら公園へ行くなら大濠公園駅、どんぐり公園へ行くなら唐人町駅で降りると少し近くなります。

駐車場

103台停められる駐車場があります。

駐車料金は、最初の2時間は220円。
それ以降は30分ごとに170円です。

駐車場の入り口が少しわかりづらいので気をつけてください。
天神方面からだと、大濠公園の交差点のちょっと手前に入り口があります。

平日は混雑していません。
土日祝日は満車のこともあります。

平日はすいている駐車場もお花見シーズンはいっぱいです!
1時間くらい待ったことがあります(>_<)

多いときは近隣の駐車場を利用しましょう。

大濠公園に授乳室やおむつ替えスペースはある?

ピクニックを楽しんだり、上にお子さんがいて遊びに行く場合などは、赤ちゃんと一緒に公園を利用する機会がありますよね。

おむつは替えられるのか、授乳はできるのか事前に知っておくと安心感ですよね(^^)

私も下の子が赤ちゃんのときに、大濠公園の授乳室について調べたのでご紹介しておきますね♪

授乳室の場所

授乳室は美術館の2階にあります。
キッズスペースの横です。

ここにはおむつ替えスペースもあります。

公園の外になりますが、南側へ出るとNHK福岡放送局があります。
そこに誰でも使える授乳室があります。

おむつ替えスペースの場所

車いす用のトイレの中におむつ替え台があります。
全部で5か所です。

上でも述べましたが、美術館の中にもあります。

スポンサードリンク

大濠公園まとめ

福岡の中心部に子供と一日遊べる公園があるっていいですよね。

大濠公園にはマラソンのコースがあるので、走っている人が大勢います。
犬の散歩に来ている人もいます。

一部のエリアでは魚釣りができるところもありますよ(^^)
ここで魚釣りをしたことがありますが、けっこう釣れました!

広くていろんな利用法があり、本当に大人から子供まで楽しめる公園なんです(^^)
児童公園は対象年齢によって2つに分かれているので、小さなお子さまでも遊びやすくなっていますよ!

お子さまとのお出かけの参考になればうれしいです♪

公式HP 大濠公園

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました