若林宏樹の身長と中学高校は?これまでの成績と持ち味は?


箱根駅伝で青山学院大学が優勝できるのか毎年注目が集まりますよね。

中でも、先が楽しみな大学1年生の活躍は見どころです。

今回は、青山学院大学ルーキーである若林宏樹選手について調べました。

若林宏樹選手は中学校時代から多くのマラソン大会で戦い、高校時代にはトップクラスの活躍を見せ、今も成長を続けています。

選手を知ると、より身近に感じられ、駅伝の応援にさらに力が入ること違いなしです。

若林宏樹選手の身長や出身中学、高校、そしてこれまでの成績などをご紹介します。


若林宏樹の身長・体重は?

若林宏樹選手は身長168㎝、体重は50kgです。

基本的なプロフィールは以下のとおりです。

名前

若林 宏樹(わかばやし ひろき)

出身地

和歌山県海南市

生年月日

2002年9月3日

身長

168cm

体重

50kg

血液型

A型

中学校

海南市立下津第二中学校(和歌県/2015~2017年)

高校

洛南高等学校(京都府/2018~2020年)

大学

青山学院大学(2021年~)

細身のようですが、駅伝を走る長距離選手は、練習で長い距離を走るので脂肪がつきにくい体になるようです。

トップ選手の多くは、身長160センチ代、体重50キロ前後なので、若林宏樹選手は長距離ランナー選手として理想的な体型といえます。

山の神ならぬ「若の神」になる!と原監督から太鼓判を押される選手です。

若林宏樹の中学校は?

若林宏樹選手は和歌山県海南市立下津第二中学校の出身です。

下津第二中学校の全校生徒が140名ほどの小規模の中学校ですが、部活動に力を入れています。

中学時代は陸上部の駅伝部に所属していました。

中学生の頃から実力者で、3年生の全国都道府県対抗男子駅伝では10人抜きをやってのけました。

和歌山県中学生新記録の8分42秒という記録を出し、さらに2週間後には自身の記録を3秒も更新して8分39秒の記録を出しています。

県市町村対抗ジュニア駅伝の海南市代表にも選ばれています。

中学時代から「箱根駅伝に出てみたい」と目標を語っていました。

中学生ですでに期待の駅伝ランナーだったのですね。

若林宏樹の高校は?

若林宏樹選手は、中学校卒業すると、地元を離れて京都府にある洛南高等学校に進学しました。

1200年の歴史を持つ東寺の境地に位置する洛南キャンパスは、豊かな緑に囲まれた環境に充実した施設や装備を配置しています。

この学校の陸上部が目指すところは「全国制覇」と「人間力の向上」にあり、全国駅伝では多くの入賞を果たしてきた学校です。

そんな洛南高等学校は駅伝強豪高校のひとつで、全国高校駅伝へは19度も出場しています。

若林宏樹選手も出場した2020年12月の第71回全国高校駅伝では、駅伝3位の記録を残し、日本人最高記録を更新しました。

同じ洛南高等学校を卒業したスポーツ選手の中には、三浦龍司選手(順天堂大学)など、スーパールーキーとして注目された選手も在籍していました。

 

若林宏樹選手は1年生から活躍を見せていたものの、大きく成長したのは3年生のときです。

京都陸協記録会では、5000mを圧巻のスピードで独走して自己ベストを出し、13分台に突入しました!

自身の新記録で優勝を飾り、いよいよ世代トップクラスのランナーとして注目を浴びるようになります。

若林宏樹の主な成績

中学校時代から大学1年生までに、若林宏樹選手は多くの陸上大会や駅伝に出場してきました。

若林宏樹選手の主な成績は以下のとおりです。

日付

大会名

距離

記録

順位

<中学生時代>

2017年8月

近畿中学校総合体育大会陸上競技大会

3000m

9分1秒

1位

2017年8月

全日本中学校陸上競技選手権大会

3000m

8分42秒

和歌山県中学生新記録

2017年9月

京都産業大学長距離協議会

3000m

8分39秒

和歌山県中学生新記録

2018年1月

全国都道府県対抗男子駅伝

3.0km(2区)

8分28秒

区間2位

2018年2月

和歌山県市町村対抗ジュニア駅伝

3.0km(1区)

8分42秒

区間新記録

<高校生時代>

2018年8月

京都高校ユース陸上

5000m

15分25秒

1位

2018年12月

全国高等学校駅伝競走大会

3.0km(5区)

8分57秒

区間14位

2019年3月

長野県高等学校新人駅伝競走大会

5.295km(6区)

16分41秒

区間1位

2019年6月

京都府高校総体

5000m

14分51秒

6位

2019年11月

京都府高校駅伝

5.0km(7区)

15分1秒

区間1位

2019年11月

近畿地区高校駅伝

8.1km(3区)

24分15秒

区間3位

2020年7月

京都府陸上選手権

5000m

14秒7秒

1位

2020年9月

京都陸協記録会

5000m

13分58秒

1位/自己新記録(PB)

2020年11月

近畿地区高校駅伝

8.1km(3区)

23分56秒

区間1位

2020年12月

全国高等学校駅伝競走大会

10.0km(1区)

29分6秒

区間3位

<大学生>

2021年4月

金栗記念選抜陸上中長距離退会

5000m

13分41秒

1位/自己新記録(PB)

2021年5月

関東学生陸上競技対校選手権(関東インカレ)

男子2部5000m

14分11秒

12位

2021年6月

日本学生陸上競技個人選手権

5000m

13分46秒

2位

2021年6月

U20日本陸上競技選手権大会

5000m

14分5秒

5位

2021年9月

日本学生競技対校選手権大会

5000m

14分19秒

15位

2021年10月

出雲全日本大学選抜駅伝競走

4区

19分20秒

6位

自己記録の伸びが見られ、今後の成長が注目ですね!

若林宏樹の持ち味・強みはどこ? 

中学生時代、下津第二中学校陸上部顧問の藤田純江先生は、

「長距離に欠かせない真面目さと、最後に競ったとき、気持ちで勝負できる負けん気の強さを持っている」

と若林宏樹選手を評価していました。

中学のときから上りが得意な若林宏樹選手。

足に地力があり、山登りでの活躍が期待されます。

 

現在は大学4年間の目標として、「箱根駅伝5区で活躍して、神野大地さんのように山の神と呼ばれる存在になりたい」と掲げ、言葉に強い覚悟を見せてくれました。

青山学院大学に入学した後も早くも自己ベストを更新し、成長を見せてくれています。

5月に出場した関東インカレ男子2部5000mでは14分11秒の12位という結果になりました。

しかし、若林宏樹選手はしっかりと自己分析と反省を行い、次への体づくりのトレーニングにつなげていくなどして、意識が素晴らしいですね。

練習もケガなくこなしていて、原晋監督からも「力はある」と注目を置かれています。

今季、青山学院大学は学内競争が激しくなっています。

若林宏樹選手は各大会で自分の課題と向き合い、5000mで13分台を出している同世代にも負けない粘りを見せながら、着実に力をつけています。

若林宏樹の身長・中学高校まとめ

  • 若林宏樹選手は168cm、50kgの長距離選手体型
  • 中学は和歌山県の下津第二中学校に通い、下津二中陸上部に所属
  • 高校は京都府の洛南高等学校へ進学し、3年生で13分台ランナーとして注目を浴びる
  • 青山学院大学に入学してからも、自己記録を更新中
  • 若林宏樹選手は上りを得意とし、「真面目さ」、「負けん気の強」さなど、長距離に欠かせない要素を持ち合わせている

強豪の青山学院大学は、「優勝」の目標を掲げる大学のひとつです。

練習をしっかりと消化して、「5000mは13分30秒、10000mは28分台前半」と目標を見据える若林宏樹選手。

今後も注目ルーキーとして、どんな走りを見せてくれるのか楽しみですね!

こちらの記事もよく読まれています
スポーツ
はっちちゃんねる

コメント

タイトルとURLをコピーしました