小園健太中学は貝塚ヤング所属!市立和歌山へ進学理由は?球種球速と成績も!

小園健太の中学は?市立和歌山への進学理由は?スポーツ
スポンサードリンク

2021夏の甲子園で注目されている選手の1人、小園健太投手。

センバツ高校野球では完封勝利を挙げ、プロ野球界からも注目されています。

そんな小園健太の中学(貝塚ヤング)時代、高校への進学理由、球種・球速、成績などをご紹介します。

スポンサードリンク

小園健太の中学時代の所属チームは貝塚ヤング!

小園健太は大阪府貝塚市出身で、中学校は貝塚市立第一中学校に進みます。

中学校時代は、硬式野球チームの貝塚ヤングに所属していました。

貝塚ヤングは、ヤクルトの川端慎吾選手も在籍していたこともあるなど、毎年のように有望な選手がチームに入っています。

なお、監督は、川端慎吾の父である川端末吉さんです。

小園健太が市立和歌山高校への進学した理由は?

中学校時代から注目されていたこともあり、20校近くの強豪私立高校から誘いを受けましたが、公立の市立和歌山高校に進学します。

貝塚ヤングでバッテリーを組んでいた松川虎生から「市立和歌山で一緒に甲子園を目指し、日本一になろう」と誘われたのがきっかけでした。

また、「自分たちで考えて野球をやっている高校なので、自分に合っていた」とも話しています。

スポンサードリンク

小園健太の球種、球速は?

小園健太の球種は、スライダー、カットボール、チェンジアップ、カーブです。

スライダーは、打者の手元で縦方向に鋭く変化します。

カットボールは、持ち球の変化球の中では速いです。

チェンジアップやカーブは、緩く大きく変化します。

球速は、最速152km/hですが、ストレートは伸びがあるのでバッターは球速以上に速く感じるかもしれません。

チェンジアップやカーブで緩急をつけた投球や、ストレートで追い込んでスライダーで空振りを奪う投球など、ストレートと変化球のコンビネーションが武器です。

さらに、ストライクゾーンぎりぎりの所に投げられるコントロールもあります。

小園健太のこれまでの成績は?

中学校時代は、全国大会に出場して優勝もしています。

エースとして優勝に貢献したので、多くの学校から誘いが来たのでしょう。

・18年ヤングリーグ春季大会:ベスト8
・18年ヤングリーグ選手権大会:優勝
・18年ヤングリーググランドチャンピオン大会:ベスト4

高校では、甲子園でも失点を抑えられていました。

ヒットもそこまで打たれておらず、イニング数と同じくらいの三振を奪うことができます。

ただ、2021春の県大会決勝の智弁和歌山高校戦で4回5失点しており、

「甘く入った球を打たれ、細かいコントロールがなかった。今日のようなことを起こさないために切り替えていきたい」

と夏に向けて成長を誓いました。

・甲子園通算(21春):2試合、14回、防御率0.64、被安打率4.50、奪三振率8.36、四死球率5.14
・地方大会通算(19夏~21春):15試合、70回、防御率1.92、被安打率6.69、奪三振率12.73、四死球率:2.44

小園健太ドラフト候補としての現在の評価は?

現時点で、プロ野球のスカウトから、以下の評価が挙がっていますが、これはほんの一部です。

「ドラフト1位候補として、小園投手が飛び抜けており、 チームの軸になり得る能力を持っている」

「持っているポテンシャル、投手としての資質は大学、社会人を含めてもトップクラス。器が大きい」

「ストレートが力強いし、変化球も多彩。全てにおいて変化球の精度が高い。もしプロに行っても早く出てこられるレベルだと思います。」

既に、ドラフト1位候補、(大学、社会人を含めても)トップクラスと評価され、早く活躍できる可能性もあるというコメントもあります。

もしかしたらドラフト1位で競合するかもしれません。

スポンサードリンク

まとめ

小園健太の貝塚ヤング時代、高校への進学理由、球種・球速、成績そして現在の評価を見ていきました。最後の夏は、より成長した姿を見たいですね。

スポンサードリンク
こちらの記事もよく読まれています
スポーツ
はっちちゃんねる

コメント

タイトルとURLをコピーしました