TAEKO(歌手)本名や高校大学wikiプロフィール!歌が上手い?評判は?


「和製ビヨンセ」とも呼ばれている歌手のTAEKOさん。

2021年のレコード大賞新人賞を受賞しました。

その歌唱力はもちろんのこと、ダンスも超一流です。

美人でスタイルもいいですよね。

そんなTAEKOさんの気になる本名やプロフィール、高校・大学について、歌唱力の評判についてご紹介します。


TAEKOの本名は?

残念ながら本名は公開されていません

TAEKOというのが本名なのか芸名なのかすらわからず、謎の多いアーティストとなっています。

おそらく「たえこ」さんは本名なのではないかと思います。

TAEKOの年齢wikiプロフィール!

誕生日 1992年7月10日

星座 かに座
年齢 29歳(2021年12月時点)
出身地 大阪
所属 ライジングプロダクション

公式では誕生日と出身地の記載しかありませんでした。

身長や体重も不明ですが、ダンスをやっていることもあり、スタイルは抜群です。

周りのダンサーと比較しても、160cmくらいあるのではないかと思います。

小3(8歳)からダンスを始め、主にダンサーとして活躍していました。

アクロバット以外はほぼすべてのジャンルを踊れるほどの実力があるそうです。

2018年末からはDA PUMPや三浦大知さんが所属する大手のライジングプロダクションと契約を結んでいます。

歌って踊れる歌手が所属しているので、TAEKOさんにはぴったりの事務所といえますね。

TAEKOの高校・大学は?

TAEKOさんの高校・大学についての情報はなく、公式でも記載されていないので不明です。

セブ島への留学は20代前半ですが、大学時代なのかは不明でした。

セブ島留学時代にニューヨーク・アポロシアターで行われるアマチュアナイトの存在を偶然テレビで知り、応募したようです。

そこでは見事予選を勝ち抜き、5位に輝きました。

ステージでは憧れのビヨンセさんの「Listen」を披露しました。

憧れの人の曲で入賞できるなんてこの上ない幸せですね。

思い立ったら即行動!のタイプでなんと早朝5時からアポロシアターの前に並び、オーディションを受けたようです。

驚きの行動力ですよね。

TAEKOは歌が上手い?評判は?

TAEKOさんは「和製ビヨンセ」と呼ばれるにふさわしい歌唱力があると思います。

実際に聞いてみても惚れ惚れするような歌声でした。

ネット上でも歌が上手い!と評価されています。

TAEKOさんは高校時代にカラオケで友達に歌手を勧められたことをきっかけに独学で歌の勉強を始めました。

もともとはダンスで大きなステージに立ちたいと思っていたようですが、この一言がTAEKOさんの人生を変えたといっても過言ではありません。

歌声はなんと4オクターブを優に超える歌唱力を持っています。

「Queen Bee」でデビューし、日本語の歌詞なのに英語に聞こえる!クセになる!と話題に。

私も実際に聞いてみましたが、歌詞を見ないと日本語なのか英語なのかわかりませんでした。

まるで洋楽のようで、ミュージックビデオもかっこいいダンスが印象的です。

しかし、デビュー曲の「Queen Bee」はなんと最初は有線でのみの配信でした。

「まずは耳で聞いてもらいたい」という事務所の意向で有線のみでの配信でしたが、現代においてはかなり珍しいことですよね。

それもTAEKOさんの圧倒的な歌唱力に自信があったからこそできたことではないでしょうか。

大手有線の「USEN」でリクエストチャート62位から5位に一気に浮上するほどの人気で、ニッポン放送は「9月度優秀新人」に選出しました。

これほどの人気にも関わらず、公式にはTAEKOさんの写真すら掲載されておらず、さらに関心が高まりました。

ようやくミュージックビデオが公開され、TAEKOさんの容姿が明らかになりましたが、その他のプロフールはほとんど公式にも出ていないため、いまだに謎の多いアーティストです。

謎が多いからこそ、余計にリスナーは気になってしまうのかもしれませんね!

TAEKO(歌手)まとめ

TAEKOさんの本名は非公開です。

1992年7月10日生まれの29歳で大阪出身ということ以外は、公式でも記載がありませんでした。

所属は大手のライジングプロダクションです。

高校や大学も不明ですが、20代前半にセブ島留学をしていて、ニューヨーク・アポロシアターで行われるアマチュアナイトの存在を偶然知り、応募しました。

そこで憧れのビヨンセさんの「Listen」を披露し、5位に輝いています。

もともとはダンサーでしたが、高校時代に歌唱力を褒められてから独学で歌を勉強して「Queen Bee」でデビューを果たしました。

まだまだ謎の多いTAEKOさんですが、だからこそ魅力的なのかもしれませんね。

「ゆくゆくはアジアや世界で活躍したい」という思いもあるようなので、和製ビヨンセとしてTAEKOさんの今後の活躍にも期待しましょう!

こちらの記事もよく読まれています
芸能人
はっちちゃんねる

コメント

タイトルとURLをコピーしました