米本学仁の結婚は嫁と交際0日で馴れ初め顔画像!学歴・経歴もすごい!


米本学仁(よねもとたかと)さんは、ハリウッドと日本の両方で活躍する俳優さんです。

まったくの演技未経験からハリウッド映画にスカウトで出演が決定したという異色の経歴の持ち主で、最近では日本でも活躍の場を広げています。

2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に工藤茂光で出演しました。

そんな米本さんは若島薫さんという女性と結婚しているのですが、奥様(嫁)もすごい経歴の持ち主だったんです!

米本学仁さんの妻はどんな人なのか顔画像付きで紹介します。

さらに交際0日婚という夫婦の馴れ初めや結婚の経緯についてもご紹介します!


米本学仁は嫁と0日婚!馴れ初めは?

米本学仁の嫁

米本さんの妻は、株式会社OVER ALLsの取締役である若島 薫(わかしま かおる)さんです。

米本学仁さんと妻・若島薫(わかしまかおる)さんは、薫さんが取締をつとめる会社OVER ALLsの社長である赤澤岳人さんと米本さんが知り合って意気投合したことがキッカケで出会いました。

社長と気が合った米本さんは、OVER ALLsを訪問します。

OVER ALLsで会社の説明などを米本さんにしてくれた女性が奥さんでした。

OVER ALLsの社員たちと食事をしている時に、OVER ALLs社長の赤澤さんがふと

「若島ちゃんは米本さんのこと気にったんじゃないの?」と奥さまに言ったことに対して、「はい、私は米本さんのことが好きです」と言ってくれたそうです。

米本さんも「僕も薫さんが好きです」と答えました。


右から2番目のショートカットの女性が薫さんです。

出会って1日目で両想いになったふたりですが、その後も特に付き合うという形はとっていなかったそうです。

2人でじっくり話す機会があり米本さんは

  • コロナで仕事がないかもしれないこと
  • 自分は変われないかもしれないこと
  • 性格について

などの不安を薫さんに伝えます。

自分の中の弱い部分をさらけ出したんですね。

すると、薫さんはそのすべてを否定することなく「大丈夫」、「変わらなくていい」、「飛び込んでおいで」と言ってすべてを受け入れてくれたんだそうです。

その言葉を聞いて、「じゃあ結婚しようか」と米本さんの方からプロポーズして、交際0日での結婚となりました。

ちなみに出会ってからも1.5ヶ月しか経っていなかったそうです。

懐の大きな女性ですね!

とても自立していて芯のまっすぐな奥様なんだなと感じます♪

お二人にお子さんはいません

米本学仁の結婚した嫁は?【画像】

米本学仁の妻

米本学仁は2020年11月22日の良い夫婦の日に結婚しています。

若島薫(わかしまかおる)
生年月日:1986年1月4日
年齢:36歳
職業:会社員(株式会社OVER ALLs)

もともと経営コンサルタントとしてキャリアを持っており、現在の会社では最高戦略責任者として会社を大きくするためのお仕事をしています。

OVER ALLsはアートの会社なので、若島さんも個性的な髪形で服装もとてもおしゃれです。

奥様の薫さんの会社役員という肩書も充分すごいのですが、学歴もすごくて驚きます。

  • 2007年 東京大学文学部哲学科 卒業
  • 2009年 東京大学大学院人文社会系研究科修士課程哲学科 卒業

日本最高峰の東大大学院卒業です。

もとは研究者・哲学者を目指していたというインテリキャリアウーマンです。

米本さんは薫さんは哲学者を目指していたので、よく不思議な事を言うとおっしゃっています。

米本学仁の嫁・若島薫の経歴

東京大学卒業の才女である若島さんのこれまでの経歴をご紹介します。

  • 2009年 東京大学大学院卒業
  • コンサルティング会社「株式会社レイヤーズ・コンサルティング」に就職
  • コンサルタントを10年間
  • 2020年 OVER ALLsに転職

新卒で入社したコンサルティング会社でコンサルタントとして、クライアント企業の組織や人の改革をしてきました。

しかし、自分もビジネスの矢面にたち、スピード感のある仕事がしたいと感じてベンチャー企業への転職をのぞむようになっていきます。

アートやデザインに関心のあった若本さんが出会ったのがOVER ALLsでした。

社長の赤澤岳人さんの話を聞いて「ここで、この人たちと働きたい」と強く思ったそうです。

OVER ALLsへ入社したことで、のちのち夫となる米本さんとも出会いました。

米本学仁の経歴やハリウッドデビューの経緯は?

米本さんはもともとハリウッド俳優を目指していたわけではなく、映画プロデューサーを目指してアメリカ・ロスアンゼルスに留学しました。

アメリカへ行くまで

アメリカへ行くまでは、京都の大学を卒業したあとはしばらくの間、のらりくらりと生活していたと言っています。

その時はまだ映画プロデューサーになるという目標が見つかっていなかったそうです。

悲しいニュースを見たことをきっかけに、想像力や思いやりの気持ちを伝えるために自分ができることを考えた結果、自分が好きな映画を作ることだと考えます。

世界中にいる好きな監督たちと仕事がしたいと考え、それならばハリウッドだ!とハリウッド行きを決めたそうです。

思いたったら即行動で、すべての手続きを思い立ってから1週間ほどで終えています。

これが2007年、28歳の時のことです。

英語はまったくしゃべれないまま、アメリカへ行ったそうですよ。すごいですね!

ロスで俳優にスカウトされる

ロスに渡ってからは寝る間を惜しんで英語を勉強し、3か月程度である程度理解できるようになったとのこと。

語学学校へ行きながら、少しずつプロダクションの仕事や監督のアシスタントの仕事ができるようになっていきました。

SMC(サンタモニカ市立短期大学)に筋肉留学していたなかやまきんに君の卒業公演に裏方として参加し、なかやまきんに君が日本へ帰る日はいっしょに食事をしたそうです。

なかやまきんに君と日系スーパーの「ミツワ」のフードコートで「山頭火」のラーメンを食べているときに、知らない人から「演技に興味はないか?」と声をかけられます。

米本さんの風貌に唯一無二の存在感を感じたのでしょうね。

 

当時アシスタントをしていた落合賢監督に相談すると「行っておいでよ!」と背中を押してくれ、映画のオーディションに参加することになります。

オーディションで人生はじめての演技をすると、コメディ要素のある演技だったので審査員の人たちが大ウケしてくれたんだそうです。

それがとても気持ちよく、演技の世界へ飛び込むキッカケとなりました。

ちなみにそのオーディションはキアヌ・リーヴス主演のハリウッド映画「47RONIN」で、米本さんは芭蕉という重要な役を演じています。

演技初挑戦でハリウッドデビューとは、よほど才能があったということでしょう。

米本学仁(よねもとたかと)プロフィールは?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Takato Yonemoto / 米本学仁(@takato_yonemoto)がシェアした投稿

米本学仁(よねもとたかと)

生年月日:1979年3月9日
出身地:大阪府
身長:180㎝
体重:180kg
血液型:O型
事務所:アノレ

恰幅がいいので、お相撲さんにまちがわれることがよくあるそうです。

 

現在もハリウッドでのお仕事もしつつ、日本での活動もしています。

2021年1月に偶然出演したテレビ東京「家、ついて行ってイイですか?」では2021年の目標は「大河」と答えていました。

なんと、2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」への出演が決まっています!

もう目標が叶ってしまいました。

「鎌倉殿の13人」で演じる工藤茂光は、源頼朝に「太りすぎでは」と言われるほど恰幅のいい男で、実在の工藤茂光もかなりの大男だったそうです。

180㎝で180キロの米本さんのためのような役ですね♪

出演作品

おもな映画

  • プリズナーズ・オブ・ゴーストランド
  • 総理の夫
  • トシエ・ザ・ニヒリスト
  • 愛なき森で叫べ
  • 真田十勇士
  • Gaijin
  • 47RONIN

おもなテレビドラマ

  • 鎌倉殿の13人
  • トーキョー製麺所
  • ギヴン
  • 4つの不思議なストーリー ~超常ミステリードラマSP~
  • 愛なき森で叫べ
  • 全裸監督
  • コンフィデンスマンJP 運勢編

バラエティ

  • 激レアさんを連れてきた。
  • 世界・ふしぎ発見!

米本学仁の結婚(嫁)まとめ

米本学仁さんは2020年に会社役員の若島薫さんと結婚していました。

ハリウッド俳優として活躍し、最近では日本に拠点をおいています。

大河ドラマやバラエティーへの出演と、公私ともに順風満帆ですね!

こちらの記事もよく読まれています
芸能人
はっちちゃんねる

コメント

タイトルとURLをコピーしました