渡辺直美の収入源や年収がやばい!NY移住で何してる?目的は?


お笑い芸人やインフルエンサーとして活躍する渡辺直美さん。

2021年から日本からアメリカ・ニューヨークに仕事の拠点をうつしています。

日本のメディアにほとんど出演しなくなりましたが、現在の渡辺直美さんの収入源はなんでしょうか?

億越えと噂の年収や、そもそもなぜNYに拠点をうつしたのかその目的についてもまとめました!


渡辺直美の収入源や年収は?

2021年4月から渡米している渡辺直美さんの現在の主な収入源は

  • Instagram
  • YouTube
  • アパレルなどのプロデュース
  • テレビ・CM・イベント出演

となっています。

推定年収は

約2億円

です。すごいですね~!

ひとつずつみていきますね。

インスタグラムからの収入

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

渡辺直美 Naomi watanabe(@watanabenaomi703)がシェアした投稿

渡辺直美さんはインスタのフォロワー数が日本一で、980万人以上ものフォロワーがいます。

2018年にはアメリカのTIME誌による「ネットで影響力ある25人」に日本人で唯一選出されるなどグローバルな人気を誇っています。

インスタグラムでは企業案件という広告収入があります。

1つの企業案件はだいたいフォロワー数1人に対して1円ほどの単価ですので、

980万人×1円=980万円

と、渡辺さんの場合は1投稿で1,000万円ちかい収入があります。

年に数回企業案件を受けているようなので5回と仮定すると、

980万円×5回=4,900万円
インスタからは年間で約5,000万円ほどの収入があるということです。
 

YouTubeからの収入

渡辺さんは「NAOMI CLUB」というYouTubeを開設しています。

チャンネル登録者数は120万人です。

動画再生回数などから算出される2021年度のYouTubeの収益は約1,500万円です。

渡辺直美の現在の収入源
https://tuber-review.com/youtubers/800/income

なおみさんとゆりやんレトリィバァさんが踊るレディガガ&アリアナ・グランデの「Rain On Me」のパロディ動画は総再生回数2億9700万回以上です。

プロデュース収入

直美さんはファッションブランドやカラコンなどのプロデュース業も行っています。

おもなプロデュースブランドは、

  • PUNYUS(プニュズ)・・・アパレル
  • 10(テン)・・・アパレル
  • N’sCOLLECTION(エヌズコレクション)・・・カラコン

プニュズはアパレルブランドWEGOが渡辺直美さんをトータルプロデューサーに迎えて2014年に設立したブランドです。

渡辺直美 ブランドプロデュース収入

店舗は10店舗も展開され、芸能人のアパレルブランドで一番最初に成功したブランドだと言われています。

プニュズの売り上げは公開されていませんが、直美さんのプニュズからの収入は4,000~5,000万円と言われています。

 

10(テン)は直美さんとデザイナーのYOPPYさんが2021年に立ち上げたアパレルブランドです。

渡辺直美の収入源

こちらからの収入は不明ですが、販売数が多くないためそれほど大きな収入になっていない可能性があります。

 

N’sCOLLECTION(エヌズコレクション)は渡辺直美さんがプロデュースしているカラコンブランドです。

通販サイトでジョイにランクインする人気商品です。

このエヌズコレクションのプロデュース収入は年間2,000万円ほどだと言われています。

テレビ・CM・イベント出演料

日本での活動を休止し、アメリカに拠点を移したといっても2021年の渡辺さんのCM出演数は6本。

渡辺さんのCM1本あたりの契約料は平均2000万円といわれていますので、単純計算で年収1億2,000万円です。

日本のレギュラー番組「NHK高校講座ベーシック英語」や単発のバラエティ番組出演の出演料があります。

ニューヨークでも英語で冠トーク番組を持っていたり、ビヨンセがプロデュースするファッションブランド「IVY PARK」のモデルを務めたりしています。

 

収入のすべてが渡辺さんの手取りになるわけではなく、所属する吉本興業やエージェント会社などの取り分もあります。

それでも2億円ほどは渡辺さんに渡っているのではないでしょうか。

しかし、2億以上のお金を生み出す直美さん、かっこいいですね。

渡辺直美がNYになんのために行った?

日本で順風満帆な芸能生活を送っていた渡辺直美さんが、なぜほとんどのレギュラー番組を降板してまでアメリカへ渡ったのでしょうか?

それは「アメリカでもコメディーをやりたい」という夢を叶えるためです。

主演のコメディー映画を作って、賞をとりたい

NYへ行く前には「35歳までに地盤を固めて、NYで仕事のチームを作って、ゆくゆくは主演のコメディー映画を作って、賞をとりたい」と語っていました。

NYに行ってすぐは英語が堪能でないためにオーディションに落ちまくっていたそうです。

しかし、前述したように冠のトーク番組をスタートさせたり、大ファンのビヨンセと仕事をしたり少しずつ夢が形になってきているようです。

渡辺直美がNYに行った理由は?

渡辺さんはアメリカ移住のさいにエージェント会社「ICM」と「ING」の2社と契約しています。

この2社は

  • ICM・・・ビヨンセなど歌手や俳優が在籍する米4大エージェントの1つ
  • IMG・・・ミランダ・カー、ケイト・モスなど在籍。ファッション系に強い

と、大手エージェント会社です。

そう簡単に契約できる会社ではないそうなので、アメリカでも渡辺さんの活躍が期待されているというこでしょうね。

渡辺直美の収入源やNYへ行った目的は?まとめ

2021年からアメリカNYへ拠点をうつした渡辺直美さんの現在の収入源や年収、渡米の目的についてまとめました。

  • 年収は推定2億円
  • 収入源はインスタ、YouTube、プロデュース業、タレント業
  • 渡米はアメリカでコメディー映画の主演になるため

エンターテイナーとしてもファッションアイコンとしても世界中から注目される渡辺直美さん。

アメリカでも大スターになる日がきっと来るのではないでしょうか♪

こちらの記事もよく読まれています
芸能人
はっちちゃんねる

コメント

タイトルとURLをコピーしました